ここから本文です

サイト内検索

サイト内検索

帯状疱疹後神経痛監修:
東京医科大学 麻酔科学講座特任教授 大瀬戸 清茂 先生
監修:
東京医科大学
麻酔科学講座特任教授 大瀬戸 清茂 先生

帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹後神経痛とは

帯状疱疹後神経痛とは、帯状疱疹の皮疹(水疱など)が消失し、帯状疱疹が治癒した後も続く痛みのことで、帯状疱疹の合併症としては最も頻度が高く、3ヵ月後で7~25%、6ヵ月後で5~13%の人が発症しているという報告もあります1)
帯状疱疹後神経痛の代表的な症状は、“持続的に焼けるような痛みがある”、“一定の時間で刺すような痛みを繰り返す”といったものです。ほかにも、ひりひり、チカチカ、ズキズキ、締めつけられる、電気が走る、と表現されるような痛みを感じることがあります。感覚が鈍くなる状態(感覚鈍麻)や、触れるだけで痛みを感じる状態(アロディニア)もよく見られます。

1)Thyregod, H.G. et al.:Pain 128(1-2):148, 2007

原因

帯状疱疹の原因

帯状疱疹は、子どものときにかかった水ぼうそう(水痘)のウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)が、水ぼうそうが治癒した後も、脊髄近くの神経節と呼ばれる部分に潜み、疲れやストレスなどで身体の免疫力が低下したときに再び活性化することで、神経を通って皮膚に水疱ができます。日本人では5~6人に1人がかかるといわれています。
また、帯状疱疹の名前は、神経に沿って赤い斑点(疱疹)が皮膚に帯状にできることに由来しています。

帯状疱疹の原因

帯状疱疹後神経痛の原因

帯状疱疹後神経痛は、帯状疱疹を発症したときには正常であった神経線維が、ウイルスによって傷つけられてしまうことで発症すると考えられています。
帯状疱疹後神経痛は、ウイルスによって神経が傷ついた結果、神経の過剰な興奮や自発痛、痛みを抑制する経路の障害などが起こり、これが原因となって、痛覚過敏やアロディニアなどが起こるとされています。

帯状疱疹に関連する痛み

帯状疱疹に関連した痛みのグラフ

帯状疱疹に関連する痛みには、皮疹(皮膚症状)が出現する前に起こる「前駆痛」、皮疹が出現しているときに起こる「急性帯状疱疹痛」、そして皮疹が治癒した後も続く「帯状疱疹後神経痛」があります。

前駆痛や急性帯状疱疹痛は、主に皮膚の炎症による痛み(侵害受容性疼痛)ですが、帯状疱疹後神経痛は神経が傷ついたことによる痛み(神経障害性疼痛)であり、この2つの痛みは発症のしくみも治療法も異なります。

帯状疱疹後神経痛になりやすい人

帯状疱疹後神経痛になりやすい人

下記のような項目が帯状疱疹発症後3日以内に認められると、次のような人は、帯状疱疹から帯状疱疹後神経痛に移行しやすいとされており、帯状疱疹を発症した初期から痛みの対策を行なうことが重要です。

  • 高齢者
  • 女性
  • 皮疹が発現する前から痛みや異常感覚がある
  • 帯状疱疹の初期症状が重症
    (皮疹がひどい、痛みが激しい)

jung,B.F. et al.: Neurology 62(9):1545, 2004

症状

帯状疱疹後神経痛では、主に持続的で焼けるような痛みや断続的で繰り返し刺すような痛みが混ざって生じますが、その他にもさまざまな痛みを生じたり、感覚が鈍くなることもあります。

帯状疱疹後神経痛の主な痛みには、次のような痛みや症状が混在していたり、時間とともに変化するといった特徴があります。

  • 間欠的な(一定の時間で繰り返す)刺すような痛み
  • ヒリヒリする、チカチカする、ズキズキする痛み
  • 針で刺すような痛み
  • 締めつけられるような痛み
  • 灼熱痛:持続的な焼けるような痛み

治療法

帯状疱疹後神経痛には、万人に当てはまる絶対的な治療法というものはありません。患者さんの生活背景、治療に対する反応性などにより、痛みが異なるため、薬物療法を中心に、神経ブロックや理学療法などを組み合わせて実施します。
治療を進めるうえでは、帯状疱疹後神経痛を完全に取り除くのは難しく、また治療は長期にわたります。このため、いかに痛みをコントロールしてうまく付き合っていくか、という観点で治療に取り組むことが大切です。

薬物療法

薬物療法

もっと見る

薬物療法には、神経障害性疼痛治療薬、三環系抗うつ薬、ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液、オピオイドが用いられます。

もっと見る

神経ブロック療法

神経ブロック療法

もっと見る

主に整形外科、麻酔科やペインクリニックで実施されており、局所麻酔薬やステロイド薬で痛みの伝達をブロックする治療法です。

もっと見る

予防・改善のために

帯状疱疹後神経痛は主に薬物療法で治療しますが、痛みを完全に取り除くのは困難です。しかし、生活習慣を工夫することで痛みと上手に付き合っていくことができます。また2016年3月より、50歳以上を対象に帯状疱疹発症予防のためのワクチンが接種できるようになりました。

日常生活の注意点

  • 好きなことに熱中する、外出する(痛み以外のことに注意を向ける)
  • 入浴してよく温める
  • 身体を冷やさないようにする
  • 疲労やストレスをためない、睡眠を十分にとる
  • 患部を刺激しない(患部にサラシなどを巻いて衣服がこすれないようにする、など)
総監修:
総合東京病院 ペイン緩和センター長 小川 節郎 先生