ここから本文です

サイト内検索

サイト内検索

痛みの用語辞典

な行

認知能力
認知機能ともいう。五感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚)を通じて外部から入ってきた情報から、物事や状況を認識したり、言葉を操ったり、何かを記憶したり、問題解決のために深く考えたりといった、人の知的な機能を総称した概念のこと。

脳卒中後疼痛
代表的な中枢性神経障害性疼痛のひとつ。脳卒中によって脳が障害を受けたことに起因する痛み。多くが脳卒中の数ヵ月後に発症する。
ノルアドレナリン
ノルエピネフリンともいう。神経伝達物質のひとつ。(⇒「神経伝達物質」参照)不安や恐怖、積極性を引き起こす、覚醒させる、集中する、記憶する、痛みを感じなくするなどの働きがある。
総監修:
日本大学総合科学研究所 教授 小川 節郎 先生