急激に腰に痛みがあらわれる「急性腰痛症」とは

いわゆる「ぎっくり腰」のことで、前かがみの姿勢で重い物を持ち上げたときや、腰をひねったり伸ばしたりしてベッドから立ち上がる、前かがみになって靴を履くなど、腰に負担のかかる姿勢をとったときに起こります。
急性腰痛症の痛みは身体を動かしたときに生じます。多くは1週間ほどかけて次第によくなりますが、他の病気がないか医療機関で確認することも大切です。

急性腰痛症の再発を予防するには、以下のような対応が大切です。

  • 無理な姿勢をとらない
  • ストレスを軽減する
  • 適度な運動を行う(ウォーキングで十分)
  • 肥満を防ぐ