血糖値をコントロールする

主治医の指示に従い、食事や運動、薬剤により、血糖値を適切にコントロールしましょう。

毎日足をチェックする

神経障害により足の感覚が鈍くなっていると、ケガをしても気がつかない場合があります。糖尿病になると、傷が化膿しやすく、治りにくいため、ケガや火傷をしていないか、毎日足の裏をチェックするようにしましょう。
また、爪を切るときは深爪しないよう、気をつけましょう。

ゆっくり起き上がる

神経障害により立ちくらみが起こりやすくなります。立ちくらみを防ぐため、寝ている姿勢から一気に起き上がらないようにしましょう。

禁酒・禁煙

アルコールは神経障害を悪化させます。また、タバコは血流を悪化させるため、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなります。お酒を控え、禁煙を心がけましょう。