ここから本文です

サイト内検索

サイト内検索

薬物療法

薬物療法とは

痛みの治療を行う際に、最も一般的に実施される治療は、薬剤を用いる「薬物療法」です。
薬物療法に用いる主な薬剤には、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)、アセトアミノフェン、神経障害性疼痛治療薬、オピオイド、鎮痛補助薬、ステロイド、麻酔薬などがあります。
薬物療法では、さまざまな薬剤を病態や症状に合わせて、使い分けています。

※薬剤は、必ず主治医の指示にしたがって使用してください。また、薬剤の服用により気になる症状があらわれた場合には、医師または薬剤師にご相談ください。

NSAIDs・アセトアミノフェン

NSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性消炎鎮痛薬)とは、ステロイド以外の抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を持つ薬剤の総称です。
いわゆる「痛み止め」として、主に炎症による痛み(侵害受容性疼痛)に対し、処方されています。一般的には、痛み、発熱の際に使用される「解熱鎮痛薬」とほぼ同じ言葉として用いられています。
NSAIDsは、シクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素を抑制して、痛みの原因である発痛物質プロスタグランジンの生成を抑えることで痛みを鎮めます。
NSAIDsの鎮痛効果は高く、広く使用されています。副作用として、胃腸障害や腎障害などが知られていますが、現在では、このような副作用を軽減したタイプの薬剤も開発され、普及しています。

また、アセトアミノフェンとは、世界的に広く使用されている解熱鎮痛薬であり、市販の風邪薬などにも主成分として配合されています。

神経障害性疼痛治療薬

神経障害性疼痛治療薬とは、神経の痛みの治療に使われる薬剤です。
神経の痛みは、痛みを伝える物質(神経伝達物質)が過剰に放出されることによって生じると考えられていますが、神経障害性疼痛治療薬は、この神経伝達物質の過剰放出を抑えることで痛みをやわらげます。副作用には、眠気やめまい、ふらつきがあります。国内外のガイドラインでは、神経の痛み(神経障害性疼痛)の治療に最初に用いる薬剤として推奨されています。

オピオイド

オピオイドとは、強い鎮痛作用を示す医療用麻薬で、脊髄と脳に存在するオピオイド受容体に結合することで、脊髄から脳への痛みの伝達をブロックします。
がん治療による痛みのほか、他の薬剤を用いても痛みがおさまらない場合などに、使用が認められています。
オピオイドは強力な鎮痛作用を有しますが、吐き気・嘔吐、便秘、眠気といった副作用が知られています。また、一部のオピオイドでは、連用によって薬物依存を起こすこともあり、観察を十分に行い、慎重に投与することが必要とされています。

鎮痛補助薬

鎮痛補助薬とは、本来は痛みの治療薬として開発された薬剤ではありませんが、痛みの治療に用いられる薬剤の総称です。
神経障害性疼痛などの慢性の痛みや激痛の場合、NSAIDsなどでは痛みがとりきれない、もしくはほとんど効果が期待できないことがあります。そういった場合に鎮痛補助薬が使用されます。
もともと痛みの治療薬として開発された薬剤ではないため、鎮痛効果のメカニズムはそれぞれ異なります。

※日本では、一部の薬剤を除き、疼痛に保険適用は認められていません。

抗うつ薬
神経伝達物質(セロトニン、ノルアドレナリン)の細胞への取り込みを阻害することで、痛みを感じにくくする経路(下行性疼痛抑制系)を活性化し、鎮痛効果を示します。
抗てんかん薬
神経細胞にあるイオンチャネルや神経伝達物質の受容体と呼ばれる部位に作用することで、神経細胞の過剰な興奮を抑制し、鎮痛効果を示します。
血管拡張薬
痛みによって悪くなった血流を改善することで、痛みをやわらげる効果があるとされています。
筋緊張弛緩薬
痛みに伴って筋肉の緊張がある場合に効果があるとされています。
抗不整脈薬
神経の興奮を抑制することで、痛みをやわらげる効果があるとされています。

その他の治療薬

ステロイド

ステロイドとは、生体内の副腎皮質ホルモンを人工的に合成した薬剤で、強力な抗炎症作用と鎮痛作用、免疫抑制作用を有する薬剤です。痛みを起こす物質の生成にかかわる酵素の働きの阻害に関与して痛みを鎮めます。
副作用には、易感染性、骨粗鬆症、糖尿病、高脂血症、高血圧、精神障害、消化管障害、副腎不全、満月様顔貌(ムーンフェイス)、中心性肥満、多毛などがあります。

局所麻酔薬

局所麻酔薬とは、神経ブロックを含む痛みの治療に用いられる薬剤です。神経細胞にあるイオンチャネルや神経伝達物質の受容体と呼ばれる部位に作用することで、痛みの伝達を抑制して、鎮痛効果を示します。
副作用には、頭痛やめまい、眠気、吐き気、胃がムカムカするなどがあります。
海外のガイドラインなどでは、鎮痛薬、抗てんかん薬、抗うつ薬などを用いても痛みがおさまらない場合に使用する薬剤とされています。

ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液

ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液とは、「ワクシニア」というウイルスをウサギの皮膚に投与したときにできる炎症部分から取り出した成分を、分離・精製して、鎮痛作用を持つ活性成分として製剤化した薬剤です。
痛みを感じにくくする経路(下行性疼痛抑制系)を活性化することで、鎮痛作用を示すことが知られています。

トリプタン系薬剤

トリプタン系薬剤とは、片頭痛の治療に用いられる薬剤です。
セロトニン受容体に作用して、脳の拡張した血管を収縮させるとともに、その血管周囲の神経性の炎症を抑えることで、頭痛発作を抑える効果があるとされています。
副作用には、めまいや眠気などがあります。

総監修:
日本大学総合科学研究所 教授 小川 節郎 先生